運動療法の続きです。

上肢交互滑車運動器(プーリー)

交互に腕を上げ下げします。肩の関節可動域訓練です。

上肢の運動は他に掌背屈運動器、回内外運動器、チューブ運動器を使用しています。

下肢筋力強化訓練 2方向(大腿四頭筋・大腰筋強化)

足首に錘(1kg)を付けて負荷をかけます。

膝の強化に有効です。

徒手での関節可動域訓練

麻痺による拘縮予防に有効です。

エルゴメーター

下肢の協調性を高めるために有効です。有酸素運動。

心拍数によってコンピューターが負荷を変化させます。

2タイプのエルゴメーターを用意しています。

歩行訓練、階段昇降訓練

まず平行棒歩行訓練から練習を始めます。

室内歩行訓練では杖の使い方も指導します。

疑似的な階段、スロープで慣らしていきます。

また、トレッドミルも導入しました。

ティータイム

訓練の合間に水分摂取をします。夏はコールド、冬はホットになります。

お疲れ様でした。

専用の送迎車(ウェルキャブ)です。車椅子のまま乗ることも出来ます。